Effectiveness & Safety Test有効性評価・安全性評価

トップ >  研究開発 > 有効性評価・安全性評価

有効性評価

化粧品の原料から製品まで、細胞レベル、ヒトレベルで様々な評価試験を行なっております。
ヒト評価試験においては恒温恒湿室を柏原と横浜の2ヵ所に設置しており、測定にふさわしい環境を整えています。
ご要望に応じて適切な試験方法を提案させていただきます。

  • 抗老化・抗シワ評価(抗シワ製品評価ガイドライン準拠)
  • 保湿・表皮バリア機能評価
  • 美白評価
  • 毛穴評価
  • 製品レオロジー評価
  • 皮膚浸透性評価
  • メイクアップ製品の仕上がり評価など

安全性評価

動物を用いない安全性試験を導入し、原料もしくは製品の安全性を評価しています。
国際的に認められたOECDガイドラインに準じた方法から、自社基準での評価、さらに敏感肌の方でも安心してご使用頂ける為の試験アレンジもご用意しております。

  • 皮膚刺激性試験
    3次元培養表皮モデルを用いた皮膚刺激性試験:OECDテストガイドライン No.439
  • 光毒性試験
    3T3 NRU試験:OECDガイドライン No.432
  • 眼刺激性試験
    ウサギ角膜由来SIRC細胞を用いたSTE試験:OECDテストガイドラインNo.491、ヒト3次元培養角膜上皮モデルを用いた眼刺激性試験
  • 遺伝毒性試験
    Ames試験、in vitro小核試験、染色体異常試験
会社概要
アクセス
事業紹介
研究開発
生産体制
品質管理・品質保証
採用情報
News
Media
お問い合わせ