Equipment評価・検査・試作設備機器

トップ > 研究開発 > 評価・検査・試作設備機器

評価試験で利用する機器

皮膚測定器
化粧品を開発する際には、その化粧品が肌に対してどのような効果をもたらすのかを調べることも重要です。この装置では、水分量、弾力、皮脂量、pH、メラニン量、テカリ、摩擦などを測定することができます。
顔の皮膚画像解析カウンセリングシステム
この装置は顔全体を鮮明に撮影することができ、その画像を解析することで「肌の明るさ」「シミ・シワ」「潜在的なシミ」「毛穴」などの状態を評価することができます。
分光測色計
肌の色味、テカリなどを測定する装置です。スキンケアでは肌の明るさ、メイクでは肌へのなじみや経時によるテカリなどを評価することができます。
3次元皮膚分析機器
たるみ改善、リフトアップ効果などを評価することができます。
シワ解析装置
シワの面積や深さなどを解析する装置です。
超音波真皮画像装置
肌の弾力などに重要なコラーゲンの状態をイメージング化することができます。

その他の機器

高速液体クロマトグラフィー(HPLC)
弊社で取り扱っている素材の種類は様々。そういった中で、素材の中の有効成分や機能成分を分析・同定・分取する時に活躍するのが、このHPLCです。色々な場面で、その性能を発揮してくれます。
PCR装置
遺伝子での評価では、生体内の微量な遺伝子配列を特異的に増やさなければならない場合があります。そういったときに用いるのが、このPCR(Polymerase Chain Reaction)装置です。
安全キャビネット
様々な素材より本当にお客様に良いと感じていただける原料を捜し求めている中で、微生物より得られる高機能性素材も開発しております。そこでは、厳密に無菌コントロールされた安全キャビネット内での操作により、丁寧に微生物素材の原料化を検討しております。
ジャーファメンター(微生物大量培養装置)
微生物の培養には非常に多くの要素が関わっております。そこで、一定の培養条件を整えて、安定した微生物の培養を可能にできる装置がジャーファメンターです。
クリーンベンチ
様々な素材の原料化を行っていく中で、その原料の有効性・機能性を評価することが非常に大切なことになってきております。そのような中、弊社では培養細胞を用いた評価系を確立し、完全な無菌操作内で様々な有効性・機能性を確認しております。
CO2インキュベーター
様々な有効性評価に用いられる培養細胞は通常環境下での培養が難しく、より生体環境に近い環境で培養されなければなりません。そこで、このインキュベーターでは、通常環境よりCO2濃度の高い環境を作り出し、特別な培地によって培養細胞を育てます。
SPFアナライザー
紫外線防止効果を簡易的に測定する機器です。
凍結乾燥機
凍結乾燥とは、野菜や果物、健康食品などの食品業界で多く利用されている方法です。凍結した状態で乾燥させるため、ビタミンCなどの不安定とされる成分を変化させることなく、また色や香りなどの保持が可能になります。乾燥後は、水を加えるだけで元の状態に戻ったり、溶解性がアップするというメリットがあります。 弊社では、この乾燥技術を用いて、使用直前に付属のLotionを混ぜるだけで簡単に作ることができる、フレッシュな美容液をご提案いたします。
粒度分布測定装置
エマルジョンや粉体粒子の粒子サイズ、粒子の分布状態を測定する装置です。
オールインワン蛍光顕微鏡
明視野、蛍光、位相差など様々な観察方法が可能です。主に細胞レベルの評価、観察に使用しています。
多機能マイクロプレートリーダー
吸光、蛍光、発光による測定が可能で、高精度・高感度が求められる評価試験に対応します。
示差走査熱量計
一定の熱を与えながら、製品の熱による状態変化による吸熱反応や発熱反応を測定することで、温度に因る安定性を迅速に判断することが可能です。
会社概要
アクセス
事業紹介
研究開発
生産体制
品質管理・品質保証
採用情報
News
Media
お問い合わせ